Facebookのビデオ通話「ルーム」その他のビデオ通話ツールは?

アイデア、イメージ

6/17火の夜に、Facebookのビデオ通話の「ルーム」の体験に参加しました。

Facebookメッセンジャーにて以前からビデオ通話が行えましたが、

最近Facebookのタイムラインでも露出するようになりました。

「ルーム」と出てきてアピール度が高いです。

一緒にイベントを主催させて頂いている

堀内美佐さんがちょうど「Facebookのルーム体験」を行う旨の投稿がありました。

ということで参加させて頂きました。

使った感想は、

「LINEビデオ通話と似ている」感想でした。

スマホ、PCどちらからでも入室できますが

・全体会議のみ(小部屋機能はない)

・アイコラはスマホのみ可能

(顔にエフェクトかけたり、顔をいろんなキャラに出来たり)

・ゲーム機能が付いてる

・画面の共有機能があり。

・参加者一覧からFacebookのプロフィールが閲覧可能(PCは可能)

・スマホは5名までは同時表示可能(6名以上は試せていない)

・PCは自分の画像が右下に小さく表示されて4名は表示可能(5名以上が試せていない)

・ミーティングを事前に予約が出来ない。

(ルームのリンクを送っておくとか出来ない)

開始されたルームのリンクは、さらにルームに招待するためには送信したりはできる。

・名前の変更出来ないようでした?

などが主な機能でした。

まだまだ試せていない機能があるのかもしれません。1ルーム50名迄らしいですが、その人数で試せていないので

記事参考

Facebookが「Messenger Rooms」を正式リリース。日本でも利用可能に - Engadget 日本版
2020年5月14日(現地時間)、Facebookは最大50人が参加できるビデオチャットサービス「Messenger Rooms」を正式リリースしました。 本機能は2020年4月24日に発表され、アメリカなど一部地域のユーザーのみに公開され、テストが行われていました。今回、正式にグローバルリリースということで、日本の...

やはり、詳細な小部屋機能(ブレークアウトセッション)など使うならZOOMになるか?

この「ビデオ通話」のソフト提供会社ですが、

大手のもので、

①ZOOM

②Skype

③LINEビデオ通話

④Facebook rooms

⑤Google meets

⑥discord

などがあります。

Googleも4月頃以降からサービス拡充されました

「Google meets」もインスタントな

ビデオ通話に適してると思います。

⑥の「discord」が元はゲーマー向けのような

通話アプリとして拡大してきたようです。

私も人狼ゲームやマーダーミステリーゲームのような

会話をするゲームを行なうことでの体験で、

discordを使ったことはあるのですが、

様々な機能はZOOM並みに揃っているようです。

discordも4月13日から

コロナ禍の影響からか、ビデオ通話の人数が25名が最大とサービス拡大されました。

参考記事

Discordに複数人でビデオ通話できる機能 同時に25人まで
米Discordは、グループでビデオ通話ができる「サーバビデオ」機能を公開した。まずはDiscordのコミュニティーのうち5%で限定的に始め、来週には全コミュニティーで利用可能にする。同時接続数は25人まで。

discordを周りで使っている使い方を聞くと

オンラインゲーム(ソシャゲ)みたいなものを

スマホでゲームしながら、discordに繋いで

会話をしながらするために使用してるということ。

オンラインゲームの仲間と共同するために

会話がdiscordを使用して、というもののようです。

かなり使い込んでみて、どのような機能があるかは

確認したい所です。

ということで、

まとめとしては、

軽いビデオ通話(打ち合わせ、全体会議、友達同士の少人数会話など)

→LINEビデオ通話、Facebook rooms、Google meets、Skype、

セミナー、イベント、などでの利用

→ZOOM、discord

ではないかと私は分類します。

どなたか、discordやSkypeも詳しい方がいたら

教えてください。

これら「ビデオ通話」ツールをうまく組み合わせて

活用して、オンラインライフも

オンラインでのビジネスも向上するとよいですね。

そこから新しい生活様式や、新しい知恵は生まれると私は考えています。

ここまで読んで頂きありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました